ワードプレス制作代行&名刺・チラシ・冊子制作クリエイター大橋雅夫ブログ

ワードプレスでサイトを作る目的とは!LPってなに?って方にも読んでほしい

この記事をシェアする

サイト作りの最大の目的

 

◎ブログやSNS ・対面などで貴方に興味を持った人に、貴方が提供できるコンテンツを提示する

 

◆コンテンツに興味をもって頂けたら、記事を読み進めてくれます。

◆いわゆるセールスレターが興味を持った方に刺さるように記事を作り上げます。

◆コンテンツに納得して頂けたら、クロージング(決済)へと進みます。

 

上記の内容をブログページで実現させるのは難しいと思われます。

LP(ランディングページ)をサイトとして作成するのが一般的です。

 

◎検索エンジンでサイトを見つけてもらう

 

◆当然のことですが、検索をかける方には理由(ニーズ)があります。

◆ニーズが伴う検索に表示されるということは、コンテンツを提供できるチャンスが高いということです。

◆ブログやSNSでお友達に拡散しても、必ずしも需要があるとは限りません。

◆ネットの世界の凄さは、需要(欲しいもの、困ったこと)と供給側のコンテンツが一気につながる可能性があることです。

 

検索結果を向上させることがWebマーケッターの大きな仕事の一つである理由です。

 

LP(ランディングページ)とは?

ネットの世界では、いろいろな定義が存在します。

 

 LP(ランディングページ)とは、本来はサイト訪問者が最初に開くページのことです。

当然検索方法によって到達(ランディング)するページが異なります。

 

このLP(ランディングページ)の出来が悪いと今のネット上では即座にサイトを離脱されてしまいます。

計測ツールがありますが、滞在時間は驚くほど短いのが現実です。

 

そして最近はLP(ランディングページ)を商品などを売るために1枚で完結する長いWEBページのことを指すことが多いようです。

 

私がLP(ランディングページ)という場合のイメージです。

 

◆お客様に検索結果でアクセスして頂くページ

◆コンテンツを提示するページ

◆説明をさせて頂くページ

◆納得して頂けたらクロージングまで行う

◆それらを単一のページ上で行うのが理想

 

LP(ランディングページ)のイメージが共有出来ましたでしょうか?

 

ブログもサイトも実は同じもの/ワードプレス制作代行デザイナー

そもそもワードプレスはブログを簡単に見栄え良く始められることで人気が出ました。

ワードプレスの構造は投稿ページ(いわゆるブログ)と固定ページ(セールスページなどに使うことが多いページ)の組み合わせです。

従ってワードプレスでサイトを作ればLPもブログも一括管理することが出来ます。

 

サービス。コンテンツの種類によっては一つのサイトにまとめた方がよいと思います。

 

現在は一つのサイトで運営されている方の方が圧倒的に多いと思われます。

 

 

その点を判った上で、私はブログとサイトを分ける方法をオススメしています。

 

ブログとサイトを分ける理由

私が、はてなブログProを使っている理由について以前に記事にしています。

 

 

最初にサイト作りの目的で言及していますが、集客出来ないサイトでは望む結果が得られる訳がないからです。

明確に役割を分担させた方が運営・管理がしやすいと思います。

また検索で上位に表示させるのは、個人では非常に大変です。

ライバルが多すぎます。



集客力のあるブログを使うのは有効な手段だと思います。

 

Webマーケッターが検索順位にこだわる理由

検索順位1~3位までのサイトでページをクリックする(アクセスしてくれる)割合が8割近くあります。

ニッチなコンテンツを除けば、検索上位にいないサイトは、集客が難しい(売上げが立ちにくい)と言うことが出来ます。

 

現在の検索順位を正確に知るには、実際にキーワードをいれて検索してみれば良いわけです。

 

そこでの注意点があります

 

シークレットモードで検索する・・・ということです!

 

◆Google Chromeの場合で説明します。

f:id:tippofree:20171207120918p:plain

シークレットモードを立ち上げた画面

なぜ、シークレットモードにするのか理由があります。

それは、PCが貴方のパソコンの入力等を把握しているからです。

当然、アクセス数の多いのはご自身のサイトになります。

結果、本来の順位に多少の傾きを待たせた検索結果を出してきます。

 

検索結果が貴方にフィットしていると感じるのは、まさにAIのおかげなのです。

 

しかし、今私たちが知りたいのは正確な順位です。

ソフトを使う方法もありますが、シークレットモードで検索するのが単純です。

 

ちなみにシークレットモードでは広告が出ません。

 

f:id:tippofree:20171207121058p:plain

 

 

 

 

検索実例

実際に検索する手順を考えて見ましょう

 

◆ご利益のあるパワースポットで御朱印を頂きたい

 

という要望をGoogle先生に問合せします。

今回はシークレットモードで検索してみます

 

f:id:tippofree:20171207120854p:plain

 

 

この検索キーワードで第1位にランクするのが

 

利益パワースポットで御朱印

 

思いっきりストレートなサイト名の私が運営するサイトです。

このサイトは なんとドメイン変更が4回目というアホな運営者のサイトです。

4回目の移転ともなると、サイト名をひねり出せずドストレートなサイト名にしてしまいました。

 

私が神社やパワースポットへ行く理由そのものだからです。

 

 

記事を丁寧に書いた関係でサイト全体のキーワードに対する強さは保持しています。

 

しかい4回目の移転から間もないので、個別のページはランクが分散してしまっています。

 

 

ご利益のあるパワースポットで御朱印を頂くのは江ノ島がいいかな・・・という検索

 

 

f:id:tippofree:20171207120944p:plain



f:id:tippofree:20171207121001p:plain

f:id:tippofree:20171207120903p:plain

 

21100件中 4位と6位にランクインしています。

さらにもう1サイト下位にランクインしています。

301リダイレクトを失敗するとこうなります。

ドメインの変更をしても以前のサイトが強すぎるとこうなるようです。

 

3ヶ月ぐらいはあきらめています。


 

もう一件検索してみます。

まだ記事をアップして3日ぐらいです。

 

ご利益 パワースポット 御朱印 唐招提寺

 

f:id:tippofree:20171207121025p:plain

 

f:id:tippofree:20171207121036p:plain

 

 

 

8位と9位にランクインしています。

ほかにもう1サイト下位にランクインしています。

先ほどの二つのサイトとは組み合わせが違います。

 

Google様の検索結果は謎が多くて愉しいです。

 

 

今日のポイント

ブログ・SNS・リアルな交流とサイトを結びつける

検索でサイトを見つけてアクセスしてもらう

 

そしてご自身のコンテンツをセールスする

そのためにLPを含むサイト作りが大切

 

 

サイトを強くする方法は、プロにご相談ください。

いくつかの点は、のちほど補足説明していきます